展示会を成功させるブースデザインのために専門業者の協力を得よう

リピート利用したくなる展示会のブースデザイン

ブースで話す

経験の浅い企業関係者が展示会の出展の担当者になると、ブースのコンセプトの決定でも様々な試行錯誤を繰り返します。しかしサポートが手厚い業者を活用すると、リピート利用したくなるようなブースデザインを見つけることができます。特に低予算で展示会に出展する必要がある小規模な企業の間では、コンパクトサイズの機能的なブースデザインが好評です。小さな空間を利用してノベルティを収納できる施工プランは、特に少人数で展示会に参加する企業にも最適です。また小さなブースであっても、会場ではできるだけ目立たせることが重要です。そのためにコンパクトサイズのブースデザインを業者に発注する企業は、鮮やかな色遣いとディスプレイにこだわったプランを選ぶことが多いです。ディスプレイを上手に活用すると、ブース前を通り過ぎた人たちにも自社の新商品を紹介することができます。また展示会を訪れた関係者と商談をしたい場合には、ブース内にくつろげる場所を確保することも大きな課題です。一方で会場内で広いスペースを確保した企業は、ブース内でミニセミナーを開催することにも意欲的です。20名分の椅子の配置を考えてデザインを決定すると、展示会への出展も成功させることができます。

展示会のブースデザインに照明を活用しよう

照明の効果的な使い方が世の中的にも見直されており、店舗や飲食店など幅広業種で照明が積極的に活用されています。明るく照らすことで商品の魅力を高められたり、店舗のイメージアップが図れます。展示会においても積極的に照明を活用するブースデザインが増えており、好感度が高いブースの演出に役立っているようです。展示会会場では全体を照らす照明があるため、各ブースでの利用は不要とお考えの場合は、ブースデザインの考え方を見直した方がよさそうです。
例えば販促に結び付けたいような主力商品がある場合は、そのコーナー専用の照明を設置して、しっかりアピールしていきましょう。照明があたることで、商品が目立ちますし、より魅力的に見えます。また手に取って試せるようなコーナーであれば、手元が明るくなるため、来客者が見やすい配慮ができます。アピールしたいパネルなどにも照明を当てることで、視覚的な効果を期待できます。照明が各所にあることで、ブース全体の好感度もアップします。
展示会のブースデザインの良し悪しは、直接的にビジネスに影響があるといっても過言ではありません。スペースプランや照明プランに実績があるブースデザインの専門業者に依頼することで、確実な効果が目指せますから、しっかり相談して展示会の効果をあげていきましょう。

ブースデザインの選定と展示会への参加を成功させるコツ

企業が取引先に新商品などを紹介するときには、カタログやサンプルを送付するのが一般的です。しかし大規模に商談を行いたいときには、展示会などの機会に担当者とじっくりと話し合うことも重要です。特に業界関係者が多数訪れる展示会は絶好の機会であり、ブースデザインにもこだわって企業と商品を宣伝することが肝心です。また展示会に向けてブースデザインを構築するときには、来場者数などを事前にシミュレーションするのがポイントです。特に今まで以上に多くの来場者が見込まれるときには、広い区画を確保したり動線を考えたブースデザインにする必要があります。様々な規模のイベント出展をサポートしてきた業者を活用すると、展示のコンセプトや来場者に合わせて手ごろなデザインにすることができます。一方で展示会に参加する費用が高額になる場合には、ブースの作成費用を抑える必要があるのも事実です。したがって優れたデザインのブースを作ることができるだけではなくて、料金の安さも重視して発注先を慎重に選ぶのが理想的です。ウェブで様々な業者に見積もりを依頼すると、予算内で質の高いブースを作れる会社を見つけることができます。運営のサポートもする業者を活用すると、イベント当日は少ない人数でも十分に対応できるようになります。

展示会のブースデザインに煮詰まったら専門業者のサポートも考えてみましょう。【株式会社ニチナン】は、多くのブースデザインを手掛けている専門業者です。会社ではなく、来場者目線からのアドバイスや提案をしてくれますから、より良いデザインが生れる可能性が高いです。

料金の安さが魅力の展示会用のブースデザインと施工のプラン

パソコンを見る

大規模な展示会は新商品を発表する晴れ舞台でもあり、企業関係者は十分な予算を使って出展用のブースを作りたいと考えています。しかし売り上げが少ない会社では、出展用の費用を十分に確保できないのが現実です。けれどもブースデザインと施工が最安値の業者を使うと、30万円から50万円程度で魅力的な展示会用のブースを作ってもらえ…

展示会の規模や参加目的別に考えるブースデザイン

色見本を見せる

大都市で開催される大型イベントにはマスコミの取材関係者も多数訪れるので、出展するだけで企業の知名度が高められるメリットがあります。しかし全国各地の取引先に商品をPRするためには、地域密着型の小規模な展示会にも積極的に参加するべきです。また展示会用のブースデザインは、来場する人々の構成を考えながら決めるのがポイント…

TOP